京都の奥丹波に位置する福知山の城下町にある日本茶と茶道具の老舗 山城屋茶舗です。

いらっしゃいませ。
日本茶と茶道具の専門店 山城屋茶舗ネットショップへようこそ。

山城屋は大正元年から京都府福知山市のお城通りに店を構えております。
日本三大銘茶と呼ばれる京都の宇治茶を中心に、4代目である社長が選りすぐった
最高の逸品を店舗で丁寧に仕上げて販売しております。
添加物の混じらない、純粋な日本茶の味をお楽しみくださいませ。

最新情報

新商品

このアイコンが表示されている商品と同梱すると送料無料になります。

商品ランキング

このアイコンが表示されている商品と同梱すると送料無料になります。
  • No.1

    赤鬼ほうじ茶【200g 葉】

    赤鬼ほうじ茶【200g 葉】

    600円

    在庫あり

    当店で人気の赤鬼ほうじ茶の【葉茶】です。 ほうじ茶の『赤い色』と、地元福知山の大江町に 伝わる鬼伝説『酒呑童子』をイメージして、 『赤…

山城屋日記

甘茶の販売はじまりました!

こんにちは。
京都府北部の福知山市にある、日本茶と茶道具のお店 山城屋茶舗です

週末からの雨で、せっかくの桜が散り始めてますね。。。
それすら風情と思えるようになってきたのは、大人の階段をのぼったからでしょうかwww

さて。

この時期限定販売の『甘茶』が今年も入荷しました
なぜこの時期限定かというと、各地のお寺で行われる”花祭り”で、お釈迦様の像にこの甘茶をかけるんです。

いわゆるお釈迦様の誕生日お祝い、のようなものらしく、様々な草花で飾った花御堂(はなみどう)を作って、その中に灌仏桶を置き、甘茶を満たすそうです。そこに誕生仏の像(天上天下唯我独尊、ってやってはる像ですね)をその中央に安置し、柄杓で像に甘茶をかけて祝うのがこの花祭りなんです。


甘茶をかけるのは、釈迦の誕生時、産湯を使わせるために9つの竜が天から清浄の水を注いだとの伝説に由来するそうで、宗派に関係なくどの寺院でも行われます。甘茶は参拝者にもふるまわれ、甘茶で習字をすれば上達すると言われたり、害虫よけのまじないを作ったりもするそうです。

以上、グーグル先生から教わりましたw


2年前から販売をさせていただいてるんですが、お寺関係の方以外にも、
『あ!これ昔飲んだわ~』と懐かしくなって購入される方や、
糖尿病治療などで糖分摂取に制限のある方の甘味料として使用されていたりと、なかなか万能選手のようです。

私も一度チャレンジしましたが、想像以上に甘い!!!!
ちょっとびっくりな甘さですw
紅茶やハーブティーとブレンドして飲んだり、お料理に使ってみたらその甘みがちょうどよく、
1袋あっという間になくなりました

ぜひ皆様もお試しください♪